マンション退去

トップページ >退去精算書

退去精算書

退去精算書とは賃貸マンションから退去する際にどのようにお部屋の精算がなされたかを証明する書類になります。

一般的には貸主側の一方的なやり方で借主に請求してくるものですが、請求されている内容でおかしな部分があれば貸主側にこれを訂正してもらうようにしましょう。

退去後、退去精算書が届きましたが納得できません

退去精算書1 敷金を20万円支払っていますが更新料はなく家賃は、駐車場代込みで86000円です。 退去後、退去精算書が届きましたが納得できません。 部屋の広さは2LDKでペット可で大型犬と暮らせません。私は、大型犬2頭・小型犬1頭と暮らし退去しました。家賃は、1ヶ月分と日割りが一緒に請求される予定です。

本来、請求前に「こことここを直します」という内容の書類が来るものだと思っておりました。 友人は、別のマンション(大家さんは、うちとは違います)で12年住み退去したそうですがちゃんと写真付きで「こことここ直しますが良いですか?直すとこれだけかかります」みたいな退去精算書が届いたそうです。 そう、聞いていたので私の場合もそうだろうと思っていました。

しかし、大家さんからメールで「退去精算書を送ります」と来ました。多分、請求書のことだと思うのですが。 この大家さんは、基本的に不動産を立会いさせません。以前、私の部屋のとなりが出た時も立会いはありませんでした。本来、見積もりなくいきなりの精算書って良いのでしょうか?どうも、不信感がつのります。

意見をお聞かせ頂ければと思います。 ちなみに、契約書は万が一のためまだ手元に置いてあります。 おそらく、預けた敷金を全て使用し足りない分の請求が来るのだと思うのですが、何分少しクセのある家主なので退去精算書の請求額はなかり来るのではないかと予想しています。

2 はい、おっしゃる通り、事前に「こことここを直します」という書類を提示して借主の方に納得してもらってから工事をするのが一般的なやりかたですので、この大家さんはかなり強引な方ですね。

クロスも張り替えしていなかった

回答1 先日、退去時精算書が不動産より、送付されてきました。敷金の返還について、不動産業者の対応が適切な対応であるのか、アドバイスいただけませんでしょうか。

私が入居した当初は、クロスも張り替えしていなかったのに、退去後クロス張り替えを行ったと記載があり、敷金の返還金額はわずか5,355円となっておりました。
2 嘘をつく業者というのも凄いですね。

1 室内の喫煙も台所のみですし、すべてを張り替え、かつ当方へ請求を行うのは不当と認識しております。

あげくの果てには、玄関電球交換まで(こちらは、当初から電気がつかず、当方も付け替えを行わず2年間過ごしております)。現状回復費用として、リフォーム業者の請求書控えも添付されてますが、そこには走り書きで、トータル120,000円、家主が32,455円負担したような記載があります。

2 そうすると敷金で全てを相殺するということですね。少し信じられませんね。前の入居者からもお金だけもらってクロスは張替えていなかったでしょうから今回も同じようなことをする可能性があります。 退去時精算書に記載されているもので支払う必要なないものについてはしっかりNOと伝えましょう。

案内 自分でもできる書類作成 行政書士の書類作成 お問い合わせ お申し込み