マンション退去

トップページ >退去サイン

退去サイン

退去後に一度サインしてもそのことを撤回することはできます。これは錯誤という理由でなかったことにもできます。つまり勘違いということになります。

退去サイン1 退去後、不動産屋より電話が来ました。仕事中でしたので手短にしましたが大まかに書くとこのような内容です。 先方・賃貸アパートからの退去時に受領サインをし、入居当時の契約書に、借主側の負担の旨を記載しているためこれ以上の敷金変換は受け入れかねると返事をしました。

サインをしたのは退去立会い後すぐに職場に向かう用があったため急いだのと、日程ギリギリだったため、もめて退去日がずれ込み、日割り家賃の追加を避けたためである。

今まで6回の転居を行ったが、敷金の返金割合についてもっとも低く、異常さを感じたので書面を送らせていただいた。 敷金総額すべてを変換せよと言っているわけでなく、本来転居後の敷金返還として受け入れられるような割合での返金を要求する。 和室は通常使用で発生した色やけや汚れの範囲内であると認識しているので、賃貸契約書に記載されていても行使強制力はないと認識している。

和室についての復元費用は受け入れられない。ハウスクリーニング代、クロスクリーニング代については若干発生するのは理解できるが現状額では受け入れられない。 ※ここで仕事に戻らなければならなかったため、一度電話を切ると伝達。 先方より、都合のよいときに再度電話してほしいと伝えられる。

ここまですらすらとは言えておりませんがこのような内容でした。明日の余裕のある時間にこちらから電話しようと思っておりますが、本日段階では進展を感じられなかったことをお伝えいたします。退去時にサインをしたら仕方がないのでしょうか。

2 内容確認しました。一度サインしたが本来借主負担でないことがわかったので錯誤(勘違い)による抹消をお願いしたと伝えるといいですよ。

退去サインを拒否したい

拒否したい1 退去立会い時に、現状回復について不動産業者と意見が合わない場合は、サインを拒否したままで退去が成立するものでしょうか? 細かいことでお手数おかけし、恐縮ですが、よろしくお願い致します。

2 1ヶ月前に退去の申し出をして鍵を返却して、実際に部屋から退去することで全ての契約は終了することになります。納得できないことがあればこの話を一度預からせて下さいと伝えるといいです。

案内 自分でもできる書類作成 行政書士の書類作成 お問い合わせ お申し込み