マンション退去

トップページ >強制退去

強制退去

入居者を強制的に退去させることができる場合とは

  1. 賃貸建物老朽化による取り壊し
  2. 建物が道路拡張による為の取り壊し又は一部取り壊し
  3. 3ヶ月以上の家賃滞納
  4. 入居者の行方不明
  5. 第3者名義貸し
  6. 近隣住民に迷惑をかける
  7. ペット不可の物件でのペット無断飼育
  8. 破産宣告
  9. 更新料の不払い
  10. 入居者以外に新たな入居者がいた

上記の理由が主なものでそれ以外の理由で基本的に貸主を強制的に退去させることはできません。

特にできないのは大家さんの親族が入居するので強制的に入居者を退去させることはできないとされております。

大家さんの息子さんが帰ってくるので退去して欲しいと言われた。

強制退去1 道路拡張のため大家さんの賃貸している家が1つ潰れてしまいます。その上、大家さんの息子さんが帰ってくるので私達が借りてる家に住まわせるのでと2週間ほど前に立ち退きを言われました。そして明日、家の傷を見に大工さんが来るということを言われました。

その際母の方に「払ってちょうだいね。」と言ったそうです。母は何も言わずに帰ってきたそうです。立ち退きなのに?と思い契約書を見てみると 乙は甲に立ち退きの場合でも引越し費用、現状回復代、その他かかる費用を要求してはならない。と書いてありました。
そして雰囲気的にさっさと出ていけと言う感じです。私の家は生活保護なのもありお金がなく払えません。ちなみに電気焼けなども借主が持たないといけないようです。

犬猫のニオイなどもあるからと言われました。話に行くにも大家さんの息子さんは元ヤクザで女2人で生活している私達からすれば何も言われてなくてもとても怖くて不安です。私もまだ高校生で話に行くにも怖気付いてしまいます。なにかご助言願います。

2 入居者を追い出すことができるのは家賃を滞納しているとか、家を取り壊すかに限られますので、大家さんの息子さんが返ってくるからということを理由に強制退去させることはできないと考えます。

案内 自分でもできる書類作成 行政書士の書類作成 お問い合わせ お申し込み