マンション退去

トップページ

退去すると決める理由としては個人個人様々な理由があると思います。
首都圏と地方でもそれぞれ異なるようです。

首都圏

  1. 退去転勤
  2. 契約更新
  3. 騒音
  4. 近隣トラブル
  5. 駅から遠い

首都圏ではやはり会社関係で働く人の移動がとても多いようです。 建物がとても密集しているので騒音等による近隣トラブルも数多く報告されています。更新料を徴収している物件がとても多く、更新が来る時期に引越しをするという人も多いようです。

地方

  1. 転勤
  2. 就職
  3. 長年入居
  4. 気分転換
  5. 結婚
  6. コンビニエンスストアが近くにない

地方の場合もやはり転勤が多いようですが、首都圏に比べて同じ場所に長期間住まわれる方が多く、引越しをする場合でも住み慣れた地域に住むことが多いようです。

退去連絡

連絡退去を決めたら契約書に書かれている届出方法に従い、貸主が指定した期日を基準に次の引越しの準備をしましょう。 退去連絡は契約書に退去届けがあれば、はさみで切り取り線の上から切り取りましょう。退去届けがなければ文章にして郵便局より簡易書留で貸主側に送りましょう。

退去立会い

退去立会いは必ず行いましょう。立会いをしないと後々凄いトラブルになることが多いです。借主としては殆んど汚れにならないようなとても小さなものでも、貸主側は払って下さいと言うことがあります。

立会いで特に傷や汚れがなければ不動産屋さんにも納得してもらい工事費を請求しないように釘を刺しましょう。 傷や汚れがある場合は国土交通省ガイドラインによる考え方で精算して下さいと伝えましょう。

立会い

→退去立会い

退去サイン

退去立会いをするとサインを求められます。
サインする、しないはご自分で判断しなければいけませんが、どうしていいかわからないような場合は、後日、連絡しますと言うこともできます。
サインをしないからと言って家賃が発生するようなことはありません。

退去する際にサインは必要ですか?

退去後の住所

住所退去して次に住む住所を不動産屋に教えなければいけないという義務はありません。これは個人情報になりますのでときっぱり断ることができますし、教える義務はありません。

精算書を送りたいのですがと不動産屋に言われたら、郵便局で退去転送の手続きをすれば退去する部屋に手紙を出してもらい新しい住所に自動で手紙が転送されるので不動産屋に新しい住所が知られることがありません。

退去後のトラブル

トラブル退去後のトラブルで一番多いのは補修費や原状回復費用の請求です。 借主の方もまさかこんなに請求されるはずがないと思っているので請求書がきてからびっくりすることがあります。 確率的には五分五分でしょう。不景気なればなるほど借主への請求は多いと聞きます。

新着情報&トピックス

bottom